新作『寅年限定プレミアムゴールド御城印セット』

御城印 小倉城 art

小倉城 御城印 art

プレミアムゴールド御城印、待望の新作

以前、限定販売し完売したプレミアムゴールドの御城印。

このたび、新作が登場しました。
本日、4月1日より発売です。

以前は金の虎に黒文字の箔押し仕上げでしたが、今回は虎も文字も金箔押しで、大変縁起の良い仕上がりです。

今年は寅年ということで、「迎え虎」「送り虎」2枚を特別な台紙と共にセットした
『2022年寅年限定プレミアムゴールド御城印セット』です。

このために書家・杉田廣貴氏に「令和肆年壬寅」の文字を書き下ろして頂きました。

今回も大森がデザインディレクションを担当させて頂いてます。

宮川箔押工業さまご協力のもと実現

全て金の箔押しで仕上げ、セット販売するのは、宮川箔押工業さまのご協力なしには実現しませんでした。

すばらしいご提案で知る箔押しの可能性の広さと、商品制作の迅速さに助けられています。

本当にありがとうございます。

詳しくはこちら → https://hakulime.com/

ぜひ本物を手に入れてください。

御城印 小倉城 art

オール金箔押しの美しさは、写真ではなかなか伝わらないかもしれません。

ぜひ、本物を手に取ってみてください。

オンランストアからの購入も可能です。

4月1日発売開始
1セット3,000円(税込)

https://www.kokura-castle.jp/premium-gojyoin/2022/03/

   
    大森和枝

    1982年、岡山県生まれ。東京学芸大学、卒業。岡山県美術家協会、所属。
    画家を中心に、アートディレクターなど、様々なジャンルをこなすマルチプレーヤー。
    アカデミックな表現を大切にしつつ、現代アートやデザインなどの融合と追及を深める作品を展開。
    対極する二つのものは其々がないと存在することができない、という思想の下に、近年は、「光と影のコントラスト」をテーマとして、絵画タロットカードシリーズ78枚を制作している。
    画家としては、近代日本美術協会での受賞歴が多数。
    肖像画、空をメインとした風景画にはファンが多い。
    その他、アートディレクターとして主催イベントを開催、プロジェクト旗揚げに参加、個展のサポートなども行う。

    ウェブサイト >>