News

空の絵の印象を決める、雲の描き方

アクリル画 風景画 空の絵 絵画 美術 アート
たどり着くのが何処なのかは、まだわからないけど、きっと欲しい未来がある

空の絵における雲の存在

印象を決めるのは雲の存在感

写実的に空の絵、特に雲を描くには、実はかなりのテクニックを要する。

どこに太陽が位置するのかで、光の強さや差す方向、コントラスト諸々が変わるので、まずはしっかりとした構図作りが大切だ。

私が描く空の絵は、主に逆光に位置する構図を採用している。

雲の隙間から空が光り輝き、風景は黒く影となる、空が主役の劇的な空の絵が仕上がるので、気に入っている。

逆光となる時、雲のコントラストの描き方も重要だ。

手前側の雲は影がより暗く、青の要素が強いが、遠く離れた雲は、光の影響が強いので、影も光に溶け込むように明るい。

雲の描き方で変わる空の絵

空の絵は、雲の描き方で印象がほぼ決まると言ってよいと思う。

コントラストの強い劇的な絵なのか、明るく穏やかな絵なのか、雲の描き方で表情は一変する。

わた雲や入道雲ならば、絵具を厚く盛るようにして雲の立体感を表現し、おぼろ雲やうろこ雲ならば、空の色に馴染ませるように筆で程よくぼかしを入れるなど、筆のタッチや混色の色数、絵具の盛り具合で様々な雲の表情を捉える。

ベースとなる空のグラデーションでも、混色する色の範囲や数は異なるが、空の絵を描く上で重要なのは、色を馴染ませるテクニックと、筆跡がわかってもいいので、大胆に雲を描いていく潔さだ。

 

アクリル画 風景画 空の絵 デッサン アート 絵画 美術
空を飛び跳ね散歩しているような様が心の高揚を表している。

雲があるから空の絵が輝く

私の空の絵は雲が創る

空の絵の中でも、特に心理描写されるのが雲の表現だと思う。

時に穏やかに、時に荒らしく、美しくも恐ろしく思える事すらあるのは、ひとえに雲の描き方によるものだろう。

上記の作品は、特に心の中の昂ぶりを表現していて、青空にもかかわらず、雲の色彩の数やコントラストの幅が相当広い。

アクリル画 風景画 絵画 空の絵 夕焼け 美術 アート
かつて毎日のように目にしていた故郷の風景。愛執に似た感情を表現。

対照的に、ほぼ色彩のみで雲の表現をしたこちらの作品は、故郷の風景に思いを寄せる空の絵である。

雲一つない空の絵も悪くない

ここまで空の絵における雲の存在感について書いてきたが、私は雲を描かない空の絵もいくつか制作している。

アクリル画 風景画 人物画 動物画 絵画 美術 アート
枯れ木越しに透ける光が冬晴れの温かさを表現している。

代表的な作品のひとつだが、雲一つない快晴の冬、光の温かさが心を穏やかにしてくれる、そんな空の絵である。

この空の絵のメインは枯れ木のように見えると思うが、実は背景の冬晴れの空こそ本当の主役なのだ。

敢えて雲の描写を入れない事によって、まっずぐな温もりを表現している。

「空の絵において、雲の描写は必ずなくてはならないもの」という決まり事はない、というお話である。

 

空の絵の描き方について、詳しく知りたい方は、ウェブサイト内のメールフォームからお問い合わせください。

個人指導や絵画教室なども承ってます。


    大森和枝

    1982年、岡山県生まれ。東京学芸大学、卒業。岡山県美術家協会、所属。
    画家を中心に、アートディレクターなど、様々なジャンルをこなすマルチプレーヤー。
    アカデミックな表現を大切にしつつ、現代アートやデザインなどの融合と追及を深める作品を展開。
    対極する二つのものは其々がないと存在することができない、という思想の下に、近年は、「光と影のコントラスト」をテーマとして、絵画タロットカードシリーズ78枚を制作している。
    画家としては、近代日本美術協会での受賞歴が多数。
    肖像画、空をメインとした風景画にはファンが多い。
    その他、アートディレクターとして主催イベントを開催、プロジェクト旗揚げに参加、個展のサポートなども行う。