News

空の絵をインテリアに。

インテリアとしての空の絵

空の絵を飾りインテリアの一部に

家に作品を飾るという点で、空の絵はインテリアの役割としてもとても重宝されるものだと思う。

他の絵画と違い、そこにあるだけで外を覗いているような、まるで新しい窓ができたような感覚になるだろう。

自然の空は毎日移り変わるが、空の絵はいつでもそこに変わらずあるので、例え暗いどんよりした日でも、青空を眺めることができる。

部屋に置くインテリアとして空の絵は、どんな部屋にも馴染みやすく、場所を選ばず飾れるので、気に入った空の絵はどんどん部屋の装飾にして頂きたいと思う。

 

インテリア向けのアートとしての空の絵もある。

個人差もあると思うが、インテリアとして絵を飾ることがない方もいらっしゃるだろう。

とくに絵画色の強い絵だと、飾りやすい空の絵だとしても飾りにくく感じる場合もあると思われる。

そういった場合に、インテリア向けに描かれた抽象的な作品もある。

ミニマルアートや現代アート寄りの空の絵だと、印象がかなりシンプルになるので、部屋をオシャレにすることもできて、よりインテリアに使いやすくなる。

特にお店などの人の出入りが多い場所だと、絵画よりもデザイン寄りな空の絵だと素敵な空間を作る事ができると思う。

 

 

インテリアとしてアートを考える時、空の絵の役割。

空の絵が外を感じるツールになる

絵画を家に飾る習慣のある人が、果たしてどれほどいるだろう?

どこかで生活に余裕のある人の趣味というイメージがあるのは否めない。

しかしこのコロナが蔓延した時代、家で過ごす時間も長くなり、今までと家の役割も少しずつ変わってきていると思う。

インテリアとして用いる空の絵は、家の中に外の景色を持ち込むような感覚で、外に出られない時も外を想像できるアイテムとして観て頂けるのではないだろうか。

インテリアを豊かにすることで心にもゆとりを与え、空の絵の爽やかな印象は長らく過ごす空間を癒す役割を果たすだろう。

インテリアにすることで広がる空の絵の魅力

空の絵は、眺めているだけで心を静める効果があるように個人的には感じる。

プラネタリウムと似たような感覚とでもいうのか、暗い部屋に星空を作り、眺めながら眠る贅沢のような、そういう感覚に近いものがあると思う。

大きな絵を飾ればよいわけでもないが、視界いっぱいの心洗われるような空の絵を、インテリアにして毎日眺めることで、瞑想にも近いスッキリした気持ちになれるだろう。

実際に私が手掛けたS50号の空の絵を窓のない部屋に飾ってくださっている美容院がある。

「毎日空の絵を見て癒されている」という嬉しいお言葉を頂いている。

ぜひこの機会に、皆様にもインテリアに空の絵を採用していただきたい。


    大森和枝

    1982年、岡山県生まれ。東京学芸大学、卒業。岡山県美術家協会、所属。
    画家を中心に、アートディレクターなど、様々なジャンルをこなすマルチプレーヤー。
    アカデミックな表現を大切にしつつ、現代アートやデザインなどの融合と追及を深める作品を展開。
    対極する二つのものは其々がないと存在することができない、という思想の下に、近年は、「光と影のコントラスト」をテーマとして、絵画タロットカードシリーズ78枚を制作している。
    画家としては、近代日本美術協会での受賞歴が多数。
    肖像画、空をメインとした風景画にはファンが多い。
    その他、アートディレクターとして主催イベントを開催、プロジェクト旗揚げに参加、個展のサポートなども行う。