Gallery

油彩画『朝焼けの向こう側』

油彩画 風景画 大賞 絵画 peint

『朝焼けの向こう側』

制作:2007年

画材:油彩絵具、キャンバス

サイズ:F10号(530×455mm)

近代日本美術協会、第34回春季展 大賞受賞作品。

 

病気治療で、全身に麻痺が残ったことで一度全く絵が描けなくなりました。

それでも描きたくて描きたくて苦しくて。

何故、私はそこまで描きたいのか?

自分に問いかけました。

 

「暗いところに居ても、いつも明るい場所へ行きたいと思ってる。」

たとえ今が辛く苦しくても、幸せなところへ行けるという希望を絵に残したい。

それが私の新たな絵を描く目的になりました。

この絵は、その象徴です。

今いる場所の確認と、辿り着きたい幸せへの希望。

 

そんな思いで描いた作品が評価されたことは、その後の私の制作活動に大きな希望を与えてくれました。

その後描く事となる、空の絵シリーズの第1作です。

とても大事な思い出の作品です。

Past and future